アナウンサー叶内文子の日記です。 ゆる概況や放送のこぼれ話、 おいしかったものなどゆるりと書いてみますので どうぞよろしくお願いいたします♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年01月17日 (日) | 編集 |
先日の新春講演会のめもです。
舞台裏では、時々打ち合わせがあったり連絡が入ったりするので全部ちゃんと聞いていられたわけではありませんし、
最後のところは私も舞台袖に出てしまうので、
あくまで私が聞いた部分の、
しかも私個人が聞いて書いためもです。
ご本人のお話しを間違ってメモしている場合もあります。
ご了承くださいませ。

堀古さんのお話し
2013年にインタビューされた堀古さん、
ここから円安、125円くらいまではわりとまっすぐ行く。2~3年で。
125円から上は簡単じゃないと思うが、でも円安方向じゃないかと思ってる。
と語ってました~~。 ロイターの映像。

13年当時とあまりドル円の考え方は変わっていない。
米国の利上げはいつかいつかと12月まで引っ張られた。
が、日銀はなんでもやると言っても2%にはならず、
マーケットが飽きてきてる、狼少年ぽくなってる。
利上げはもうあった、期待はしぼんでいく。
「事実で売る」パターン=円高方向。110円くらいか。
その時は全力でドルを買うチャンス。

万年強気と思われていますが、
ホリコキャピタルは2000年に設立で、最初空売りしないと生き残れなかった。
売りはけっこう得意です。
でもまだ1~2年上と思ってます。

では米株が本格的に下落するのはどんな時か。
10%や20%の下げじゃなく、本格下落。リセッション。
リセッションの前には必ず長短金利が逆転。イールドカーブが右下がりになる。
イールドカーブが右下がり、米債30年ものの金利から3カ月物を引いてマイナスになるような時

07年3月に右下がりになった。
その後08年にベアスターンズ、そしてリーマンショック。
1年も間がある。それまでに十分逃げられる。
実態より短期金利が上げ過ぎ、銀行が逆ザヤで弱る、貸出しなくなる・・・
など様々な経路でリセッションに。

今はそのような状況ではない。
金利を上げ始めたので、いつかこういう時は来る。
その時は売るべき。
しかし今はそうではない。
利上げの始めの局面では、株価は上がることが多い。
景気は良いのだから、本格下落にはまだかなり時間ある。

米国では利上げは2回かなというムードになって来ている。
今回は長期金利が2%から2.5くらいまでしか上がらないでしょう。
だから短期金利が2%位に上がってきたら気にしたらいい。

リセッションの時は
バリュー株より成長株がいい。(実はここ数年もそうなってる。ウォール街の七不思議かも)
100年に1度の金融危機で投資家が委縮したためか。
今回ほんと不思議。
景気は良くなってるけど、投資家心理という点ではだめ。
ネガティブなニュースにばかり反応する。
米国の製造業はたしかに悪い。しかし、GDPの12%しかない。
非製造業は良くて、それでリセッションの心配してる。
あと悪いのは石油関連。
でも、これは恩恵受ける人も多い。いや消費者としては全員。

この1年半、25%もドル高になった。
これは企業利益にはマイナスに作用する。
ドル高が止まるだけで、原油安が止まるだけで10%増益になる。
10%株価が上昇してもおかしくない。
これは15年末基準だから、年初から下げた今からだと+16%と考えていい。

利益は特別利益とか何とかあるので、
確かな指標は配当だ。
配当は慎重で控えめで安定している。
S&P500の配当利回りは2.4%と長期金利を上回っている。
しかも配当は増えていく。

*トランプ氏とはいっしょに仕事したことがあるけどいい人です。今の言動はパフォーマンスじゃないかと。

佐々木さん
米国はスローダウン、JPモルガンは下方修正した。
リセッションの確率高まってる。17年50%、18年75%と想定。
FEDは2四半期に1回利上げ、
でもドルはそれほど上がらない。
年末想定は1ドル110円。
米国利上げでのドル買いはすでにやってしまった。終わった。セルザファクトです。

jpモルガンの想定通り米国がリセッション入りするなら
0~13か月前に米株はピークをうつ。警戒している。
FEDの利上げあ米国景気の循環に対して遅い。
今回の利上げは株へのダメージが大きい。

クレジット が今年の金融市場のキーワードになるだろう。
クレジット 社債とか。
エマージング諸国の企業の借入残が大きい。
償還が今年急増。
借り換えできない恐れがある。
エネルギーセクタの社債、20%はデフォルトするとも。
クレジットスプレッドに今年は注意しておくべき。

2012年、円は最弱通過だった。
2013年もほぼ最弱に近かった。
2014年はまあまあ弱い。
2015年ドルがかろうじてプラス、円はドルの次に強い通貨だった。
 ドル円は動いていない、40年ぶりの小さな値幅。だけど他より強い。

トルコリラ、南アフリカランド、ブラジルレアル・・ずっと弱い。
この4年の「リスクオン」の間ずっと。
高金利通貨が買われなくなった。
10年前とは違う。
エマージングはマネーを引き寄せていない。

2年続けて最強通貨というのは90年以降2000年、01年のみ。
それ以上続くものではない。
ドル実効レートは今年上がっている。
人民元 は為替市場は大きくないが、実効レートは貿易ベースなので大きく影響する。
ドル高で米国は利上げしにくくなる。
けん制発言があるかも?
ドル反落しやすくなるかも。

4年で貿易収支は20兆も赤字になった。
(震災で原油輸入量が増えたせいと言うがそうではない、輸入量はそんなに増えていないし天然ガスだし。)
それが急に改善。
WTI原油価格ぶん。
アジアからの輸入はそんなに減らない。工場移転とかしちゃってる。

経常収支はドル円に1年くらいラグがある。
証券投資、対外株式投資、年金、投信(個人や中小金融機関がいっぱい買ってる)
2014年7月から増えた。17か月で17兆円。(これまで17カ月なら9兆が最高)
うち8兆はGPIF。
これが頭重くなってくると売ってくる。今年円高圧力に。
経常収支と金利差のモデルからは1ドル=105円。

竹中さん
1年前に挙げたリスクと全く同じ、①中東地政学、②中国新興国、③米利上げ。一気に顕在化。①②は半年1年で解決するような問題ではない。リスク度は高まっている。

アベノミクス第1ステージはそれなりに、相当の、成果は上げた。
しかし、問題はいっぱい。
それを解決する体制はまだ整っていない。
第2ステージにはまだ。今は1.5ステージ。
この先を占う出来事は、前半に重なっている。
1月24日ぎのわん選挙
2月前半米大統領選挙予備選
3月1日スーパーチューズデー

2016年 日本は国連非常任理事国になった。
G7伊勢志摩サミットの議長国だ。
そしてG20は中国が議長国。

「改革は小事にあらず、しかし小事から始まる」





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おお、ありがとうございます。
勉強になりました。

投資において、個人投資家の7~9割が、負け組と言われています。
投資においては、ゴルフのように、ハンデはない。
プロとアマが、同じ土俵で、たたかっている。

古い曲だけど、こんな歌詞の曲がありました。
「あなたが見つけたもの
 あなたが今感じてること
 あなたが知っているもの
 現実にしましょう」
なにごとも、現実にすることが、大切。
投資においても。
2016/01/18(月) 05:24:01 | URL | のりみち #47iuxt/E[ 編集]
ありがとうございます
堀古さん、イールドカーブ注目ですね。
これはいいことを聞きました。

ここから米株下落、リセッション入りもありえるでしょうが、
FRBの市場をなだめる柔軟性を考えれば反発の方が確率は高いですよね。
>トランプ氏とはいっしょに仕事したことがある
すごい ですね
2016/01/18(月) 07:48:48 | URL | JJ #wo/uuruc[ 編集]
すばらしいメモです。さすが我らのかのうちさんです。

先ほど、かのうちさんのお顔のアップを堪能しました。
でも、病み上がり?、いや病み中でしたね。だって目の下にクマが出ていましたもん。
かのぴーパンダもたまにはいいね。明日もう一度アーカイブで拝見します。

今日の後場の放送を聞いていたら風邪ほぼ治ったかな。よかった!!
2016/01/18(月) 21:25:59 | URL | nonbei #-[ 編集]
(^.^)
のんべえさま
エコノミストにもコメントありがとうございました(^.^)。
照れました。
もう熱は下がりましたよー。ありがとうございます。

JJさま
メモ、お役にたてば何よりです。
FRBはちゃんと行動するでしょうね、そっか。
トランプさんと並んでのお写真も披露くださいました。

のりみちさま
なので、同じ土俵で闘っちゃいけないとも言われますよね。
アマの利点を活かさないと、と。


2016/01/18(月) 23:03:29 | URL | かのうち #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。