アナウンサー叶内文子の日記です。 ゆる概況や放送のこぼれ話、 おいしかったものなどゆるりと書いてみますので どうぞよろしくお願いいたします♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年09月13日 (日) | 編集 |
週末の頭の整理です。
ここまで賢人たちのお話をうかがってきて、
9月決算前、FOMC前、SQ前 というタイミングで、
いったんポジション調整みたいな動きは終わったかなと 私は思いました。
やっぱりこういう「期限」て大事かなと。
なにもなければ普通の決算期末ですけれど、
ひとたび何かおこっちゃうと、期末までになんとかしなきゃ~~~~となるわけで、
そのために動いた人が他に影響を及ぼし、また波が立ち・・って具合になるのかなと思います。
今回の大本は、原油かなあ。

リーマンショックのあと、
米国はエネルギー輸出国になるとか言ってシェール産業に大きな夢を描いたわけですよね。
ひとつのバブル崩壊を癒すのは次のバブルだってよく言いますよね。
エネ産業にバブルをおこそうとしたのかもしれませんね。
そこが怪しくなったことは、長いスパンで見ても重要なのかもしれない。
さすがにサウジが動き出すかなと思っていたので(あいあいあいで河内さんには「無いでしょー」って言われちゃいましたが)、サウジ国王訪米もありましたのでその後の動きにはちょっと注意。
でもなあ、下げ止まってもどんどん上げる環境じゃないよなあ、とも。

もうひとつ、これも
リーマンショックのあと、
4兆元の経済出動をして世界を支えたはずの中国が
そのつけを払わされている。
過剰な投資、過剰な在庫。
これが原油価格とも絡むわけですけどね。
良いニュースはG20です。
ここで何もなければ・・・と危機感を持っていた市場がとりあえず少し安心したのは、
中国側から「バブルでした」「経済対策します」との言葉を聞けたこと。

話もどって、
いったんポジション調整が終わったとすると、ここからもう1回戦略を組見直すと思うのですが、
それはもうFOMC次第でしょうねぇ。

もともと、15年6月かと言われていた利上げ。
早くしないと景気循環的に間に合わない、下降局面で利上げすることになってしまう と思っていたので、
既に時期を逸したと思ってます。個人的には。
なのでこの9月にあった場合、
マイナスの影響が出るのではないかなと。
景気後退か?みたいな動きが住宅あたりに出ないといいなあと思います。
一方利上げがなかった場合、そんなに景気が悪いんだ~~という心理的ショックがあるかもしれず、
また「正常化」できなかったことの副作用が長引く、あるいは後ズレする危険も考えてます。
どっちみち、
米株には弱気です。
(先行指標ダウ輸送株指数がちょっと戻してるので、意外と強いのかもしれませんが)

だとすると、日本株にだけ強気になることも難しく、
よほど安倍政権がここから経済政策に本腰を入れ、本当の第3の矢でも示してくれない限り
従来の期待より上値は低くなってしまったと思います。

あと、先週は
ブラジルと移民問題についてもうかがいたかったのですが、
そこまでたどりつけませんでした。
移民問題は、すごく大きい影響があると思うんですよ。どこにどう響くかわかんないけれども、まだ。

あとブラジルは、格下げでレアルが急落しましたが、もう1か所から格下げされるとかなり大変。
ブラジルは90年に史上最大のデフォルトしてる国家ですね。
いま日本の商社でもかなりお金出してるところがあります。銀行もエクスポージャーあります、意外と。
個人投資家のレアル建て債券は減ってるのかな。これは調べてないけど。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
今週のお楽しみ!
こんにちは。マーケットプレスをいつも楽しみにしています。

いよいよFOMCですね。利上げがあるのかないのかわかりませんが、今回はどっちに転んでも市場からネガティブに受け止められるんじゃないでしょうか。地合いが悪すぎて、議長が発言するだけで(内容の如何を問わず)ドカンと下げそう。『富士川の平家』みたいなものです。で、悪者にされるのは議長…。かわいそうなジャネット。

ブラジルはノーマークでした。オリンピックまでは大丈夫だろうとタカをくくっていたんですが、心配になってきました。

今後も情報提供に期待しています!
2015/09/13(日) 15:08:47 | URL | はずれ屋 #-[ 編集]
わかりやすいまとめありがとうございます!
2015/09/13(日) 16:20:17 | URL | 417JADE #mQQEfdr.[ 編集]
やっと雨あがりましたが、大変な爪痕でした
米利上げもかなりの爪痕を残すと思います。
利上げできないくらい米景気が悪いわけではないですが、
ドル高と世界景気調整で米大企業の利益は大幅減少リスクがあります。

さてとリーマン再来があるかですね。
すなわち金融不安と信用収縮の連鎖。
米国はオートローンがサブプライム化、 シェール企業社債破綻によるBBB債リスク、中国新興国の資金ねん出のための米債売りリスク・・・・

中国は不動産価格暴落による金融不安発生
欧州は中国企業や進出企業の融資等を行っておりまだ体力がない欧州金融機関の経営不安と移民問題存在による社会不安
そして新興国はブラジル国債デフォルト前段階

リスクは結構ありますね。大丈夫と思いますが・・
リーマンの時は大幅下落の後に大幅上昇があって少し戻ったが、その後金融不安で奈落の底。日経平均チャートが2007年とちょっと似てますね


 
2015/09/13(日) 18:10:47 | URL | JJ #wo/uuruc[ 編集]
わたしも、JADEさんと同じく、わかりやすいまとめに、感謝~~♪

オリンピックが終わって、景気、わるくなってる中国。
オリンピックが始まる前、景気、わるくなってるブラジル。
これから、オリンピックの準備をする日本。
景気、よくなってほしいなぁ~~。
2015/09/14(月) 04:25:35 | URL | のりみち #47iuxt/E[ 編集]
私も下落要素の方が高いと考えていますが、なぜかモーサテ等のテレビ解説者は強気の姿勢です。
テレビだと「下げる」と正面切って言えないのかな?
とにかくFOMC注目ですね。

何か国会の安保案件より注目が高いですね
2015/09/17(木) 06:59:11 | URL | 可能っち #E1ShaWms[ 編集]
晴れた(^O^)。
はずれ屋さま
マーケットプレス、お聞きいただきましてありがとうございます!
>議長が発言するだけで
おお、ぴったりでしたね。発言中に下げていきましたねえ。
>『富士川の平家』
なるほど。びくついてるわけですよね。
おっと、私はブラジルについて、オリンピックをあんまり考えていませんでした。。。

JADEさま
どーもありがとーー。

JJさま
>米国はオートローンがサブプライム化、
ここ、あまり言われていませんよね、最近。
>中国は不動産価格暴落による金融不安発生
中国での金融不安というのが、
どういう形で起きるのか、もし起きた場合どう波及するのかがいまひとつ想像できません。
体制の違いというか、マーケットの開かれ度合というか。

のりみちさま
>これから、オリンピックの準備をする日本。
はじめは、「締切」ができたことによるプラスの効果を意識したのですけれどもね。
準備がなかなかうまく行かないようで、心配です。

可能っちさま
そういう面もあるかと思いますね。
あと、証券会社の方々は、郵政3社上場までなんとしてでも上に持っていきたいんじゃないかと勘繰ってしまいます。ちょっとヤな感じ。


2015/09/20(日) 10:21:41 | URL | かのうち #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。