FC2ブログ
アナウンサー叶内文子の日記です。 ゆる概況や放送のこぼれ話、 おいしかったものなどゆるりと書いてみますので どうぞよろしくお願いいたします♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年06月06日 (土) | 編集 |
5日、東京ビッグサイトに行ってきました。
JPCA Show 2015・ものつくりフェスタ2015・JISSO PROTEC 2015 などの総合展示会です。
http://www.jpcashow.com/show2015/index.html

いつものことですが、ITおんち機械おんちの言ってることなので、その前提でお読みくださいね。。

きっかけは 昭和電工さんの「曲面加工可能なタッチパネル素材 銀ナノワイヤ」を見てみよう~ということでした。
見てきましたよ。この銀のナノワイヤが長くできること、電子レンジみたいなマイクロウェイブで端っこの方だけ成長させられる ということが技術的にスゴイんだそうです。

でもこういうの、どこがスゴイのか素人にはなかなかわからないんですよねぇ。
自分はアナウンサーで、勉強のために来ました。教えてください。
って伺うんですけれど、
みなさん苦労して簡単な言葉に言い換えたりしながら説明してくださいます。
ありがたいことです。
説明がとっても上手な方がいらっしゃると、電話番号聞いておきたくなります。
マーケットではしょっちゅうじゃないですか、この技術はどこまでスゴイのかな。私じゃわからん と思うようなこと。

知らない展示会でしたが調べてみるととても魅力的な基調講演がそろっていました。
「最新のロボット動向と電子業界への提案」
「自動運転の将来展望」などなど~~~。
が、水・木曜日には行けないし、
それにそれに、1講演2万円だったんです、聴講料。
あーこういうのに気にせずお金使えるくらいになりたい。
本とか聴講とか映画とか、けっこうお金かかるもんね。

でもありましたよ、無料でおもしろそうなセッションが。
「電子機器分解展示 セミナー」
そのなかで「スマホカメラと車載カメラの技術動向とその要素技術」
「先進運転支援システムのかなめ技術の概要」のふたつを聴くことができました。
で、
「和島英樹のウィークエンドストック!」でお話しした
次のiPhone はデュアルカメラ になって、こんな中身になりそうですよーなんてうかがってきたのでした。
海外では想像画像なんかも出回ってたということですし、
私もアナリストさんから聞いたことはあって、
もうご存じの方もいらっしゃったかもしれません。
でも今回展示会のセミナーで語られたということではじめて放送にも乗せられました。

補足しますと、
今のiPhoneのアルミ筐体はかなり薄い削りになってるらしいですが、
曲がるとかへんな話もあったし、今度は2700番台の硬いアルミにするらしいです。
すると筐体削るのはより難しくなるから1台作るのに時間かかるかもしれないし、、、とのお話しでした。
(そこで私はロボドリルとかのこともちらと考える)
で、その筐体はやはり薄くしておきたいので、
そのためにも高い画素数のカメラを1つではなく、低めの画素数で2つのカメラ
という選択肢があるのだそうです。
組み合わせることで高画素数になる。
撮影後に再構成できる。=一眼レフのような対象をはっきり、うしろをボカスなどが可能。暗いところの撮影もよりきれいに。
(コンパクトデジカメはいっそう要らなくなるのかなあ)
もちろん初期のシャープのモデルのように3D撮影もできるそうです。
そして、2点から撮ることで距離を測れるようになり、
大きさの推測、ジェスチャー認識、
自動車の前方に向けておいておけば、簡易衝突防止警告などもできるとのことでした。
iPnone6Sですかね、秋の発売が噂されているようです。
(あーーまだ6も買いそびれてるのに。。。もう、待つかぁ)

車載用にもカメラ・イメージセンサの需要は急拡大しているようです。
2014年に5500万台だったものが、20年には1億7000万台に。
車のビューカメラは30万画素くらいで十分だそうで、こちらはまた求められる性能が違いますね。防塵、防水なんかのほうが重要だったり。車の外側についてるんですもんね、そりゃあ。中国製の1980円くらいのカメラもあるらしいんですけれど、分解するとシールドないし、すぐレンズにつながっててこれではまもなく結露して何も見えなくなるでしょうねーとおっしゃってました。
車のお耳のようなサイドミラーも、空気調整?から考えたら無い方が良く、
これもカメラから撮った映像がヘッドアップディスプレーに映されたりするようになるのかもしれません。

続いて
先進運転支援システムADASですが、
こっちもカメラっぽい話ですね。
重要なのはやはりカメラ、そしてレーダーとレーザー。
格自動車メーカーによってどこに力を入れているのかが違うそうです。
スバルはやっぱりカメラ。
アイサイトは三角点測量で、最初は白黒カメラ30万画素だったそうです。
その後カラーになり、信号とか白線が見分けられやすくなり、
第3世代なのかな、新レヴォーグからは130万画素になるそうです。
マツダは赤外線レーザーレーダーを主にしてます。
赤外線レーザーレーダーの良いところは近距離ならとても高い精度で物体をとらえることができる。衝突防止なら近距離ですよね。そして低コスト。
トヨタはミリ波レーダーなどなど。
ミリ波レーダーは歩行者の認識に優れているそうです。(そう進化したらしい)
光に近い性質を持っていて、直進する。耐環境性。アンテナ小型化ができるかも。
ただし遠くまで伝わらない。
なにを重視するかに違いはありますが、
こうした様々なものを組み合わせて使っているところが多く、
補いながら安全性を高めようということなのでしょう。
さて、レーザーレーダーで採用が多いのはデンソーのようです。
軽自動車での実現にも貢献。
メインの基盤とアンテナ回路を一体化しセラミック基板がなくなってる・・と分解したところからは見えるようです。

さて、ADASの先、
2020年がターゲットになっている自動運転ですが、
技術的にはもう実現のめどは見えている。
国際法での承認が必要。
先進国からスタートするとは限らない。
とのお話がありました。

私の知識ではまったく追いつけない話も多かったですが、
でもなんだか楽しかったです。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
感謝☆
こんにちは。 貴重なおすそ分けありがとうございます♪
栄養&知識補給したところで次のステージへ☆

ますますのご活躍期待しています! 夏にお会いできるかな。(たぶん)

また一味違った姫様発掘☆ 展示会レポート楽しみにしています♪
2015/06/06(土) 14:14:16 | URL | たま #QE5urBdk[ 編集]
「和島英樹のウィークエンドストック!」、たのしく、拝聴しました~~♪
現在、ものづくりは、交換可能な独立した機能を持つ(モジュール化された)
部品を組み立て、つくられます。
そうすると、同じ部品(機能)が、車にも、カメラにも、
その他いろいろなところで使われて、幅が広がっていきます。
そうなると、この機能は、どこにも負けない、世界シェアNO1といった会社
が、伸びていきます。
そんな会社をいち早く、発見したいものです。
ソフトの世界ですが、6月5日の投資知識研究所で放送されたオプティム 。
なんか、大化けの予感。
2015/06/06(土) 17:03:31 | URL | のりみち #47iuxt/E[ 編集]
(^.^)
たまさま
お忙しくされていますねぇ。
時々うまく栄養補給してがんばりましょうね。
私今年後半は「魔女修行」らしいですよ。ふふふ~。

のりみちさま
投資知識研究所、社長さん達のお話をうかがうのはおもしろいです。
2015/06/06(土) 20:08:06 | URL | かのうち #uvrEXygI[ 編集]
(*^▽^*)/
>「魔女修行」
お互い素敵な白魔女目指して頑張りましょう!(∂.<)v~☆

お仕事ある内が花❀ と思って笑顔で進みます♡ 何気ない一言で復活☆
運よく絶妙なタイミングで尊敬できる恩人出逢えたのも大きかったかな。
神様の粋な計らい?!お花に助けられている今日この頃でした。(*^.^*)
2015/06/07(日) 07:23:21 | URL | たま #QE5urBdk[ 編集]
とても面白いお話、ありがとうございます!
叶内さんの探究心と姿勢は素晴らしいですね。
カメラはドローンで使われる需要も増えそうだし、そちらもまた別の進化が有るかもしれない。
カメラに限らずセンサー系はまだまだ進化の余地も有り、需要も大きそう。
逆に生き物のセンサーの凄さも感じますね。

対人関係における「地雷センサー」も大事ですねw。
2015/06/07(日) 14:35:14 | URL | 417JADE #mQQEfdr.[ 編集]
躍動感、現場刊のあるレポートありがとうございました
耐久性のある曲面加工が安価にできると、デザインの幅が増えますし、言一体化ができますし、売れるセールポイントにもなるしコストダウンにもなるし。樹脂加工が一変するかもですね。
特に人間が握るものは微妙なタッチ感が重要です。

クルマの自動運転は光学センサは必須、高級路線で視界が悪い時のミリ波センサ、人間検出確率向上のための赤外線センサという感じなんでしょうかね。
自動車の発展は常に航空機を追いますね。
最先端の戦闘機でのエッジは無人化の洗練となってますが、
有人では各種センサ情報を融合し、人工知能などでパイロットに優先順位づけを示すデータフィージョン技術かな。

それとスキンアンテナといって、機体すべてにレーダ素子などを埋め込んでしまい、全方向が見れるようにするのもクルマにそのうち応用されるかも。

一番重要なのはセンサの性能でこれはセンサ信号処理も含めたものです。それとシステム構築技術。

説明うまい人にはぜひ名刺をもらって、
教えてもらった内容をラジオで社名製品名出してで話すと喜ばれると思います。社内では激烈な研究開発費の争奪戦があるはずですかね。

2015/06/08(月) 08:46:44 | URL | JJ #wo/uuruc[ 編集]
(^O^)
JJさま
>社内では激烈な研究開発費の争奪戦があるはず
なるほど!!ぜひそうしたいと思います。
>自動車の発展は常に航空機を追いますね。
ははあ、航空機が先に行くのですね。そして軍事からなのでしょう。

JADEさま
ほんとほんと、カメラはおもしろそうです。
生物は、すごいですよー。逆にね。たしかに。
わああ、その地雷センサーが一番欲しいかも(^_^;)。
2015/06/14(日) 16:56:43 | URL | かのうち #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。