FC2ブログ
アナウンサー叶内文子の日記です。 ゆる概況や放送のこぼれ話、 おいしかったものなどゆるりと書いてみますので どうぞよろしくお願いいたします♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年02月04日 (日) | 編集 |
いま刑事ドラマ見てて思ったんですけど、
私も声のすごく大きい人とか、がんがん踏み込んでくる人苦手です。
それは私だけじゃないか。。。

さて、名古屋に行ってきました。
席を増設するほど多くのお客様においでいただきました。ありがたいことです。
ご講演は岡崎良介さん、尾河真樹さん、石川久美子さんなど。
お客様から
岡崎さんの話はラジオではいつも難しいんだけれど、今日は良くわかった~とのお声をいただきました。
やはり直に聞くというのも大事かもしれません。何か違うのかも。
あと、ラジオは細切れになってしまうし、時間足りませんよね。
講演会でまとまって、しかも資料見ながらうかがえるのはいいんですね。
その岡崎さんのお話は、
ラジオで先週うかがっていたのと大筋は同じですが、それが補強されたり、発展したり。
イエレンさんが交代と決まった時から始まったドル安。
1月22日だかに作った資料だそうですし、私たちは既にラジオで伺ってますが
たまたま昨日のNYが大きく下げていただけに、
説得力がましちゃったかもしれませんね。

さてこれからどうなるんでしょうか。
「健全な調整」という言い方があります。
これくらいは大きなトレンドを崩すものではない、問題ないという範囲。
一般的に10%までの下げのことをさすようです。
でも今のダウなら26000ドルからだから、10%って2600ドルの下げですよ。
チャート見るとね、確かに、たいしたことなさそうなんです。
でも、心理的にはけっこうダメージありそうだなぁと思ってしまいました。
日経平均だと24000円から2400円下げたとすると、、、う~ん。
投資家としては、下げるかどうかではなく、
下げたならどうするか、と考えておけば良いのではありましょうが。。

きのうのNYダウが666ドル安だったことで、
これが転機になるか?といったコメントをツイッターでみつけました。
リーマンショック後のSP500のザラバ安値が666なんだそうです。これで底打ちとなりました。

で、たしか日本株には6並びの高値があったよなと思いだしたのですが、
正確な所を思い出せなくて、こういうことならこの人だと緑星さんに聞いてみたら即おこたえが返ってきました。
1996年6月26日22666円。
そう、なかなか抜けなかった、昨年ようやく抜いたあの高値です。
ちなみに16666円というのもありました。16年4月の日銀の日、大幅安した日の終値です。
なにかの節目になりますかどうか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。