FC2ブログ
アナウンサー叶内文子の日記です。 ゆる概況や放送のこぼれ話、 おいしかったものなどゆるりと書いてみますので どうぞよろしくお願いいたします♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年01月31日 (日) | 編集 |
マイナス金利導入 の影響がまだわからない。
そういうのちっとも詳しくなくてまいった。
銀行が日銀に預けているお金に対しての問題で、しかも3段階だから
あんまり実際の影響はないのでは?
アナウンス効果と、どこまででも下げられますよーーという決意が大きいのか
とも思ったのだけれど、
どうやら一般市民の生活にも影響が及びそうです。

本石町日記 @hongokucho さんのツイッターによれば

【重要な業務連絡】401Kに加盟しているみなさんへ。MMFを組み込んでいる方々は、至急、MMFがどうなるのかをご確認することをお勧めします。先にツイートしたように、さっそくMMF受け入れを停止する運用会社が出現しました。あなたのMMFが継続的に選択できるのか、かなり不透明です。

だそうです。

早速ダイワMMFさんが新規募集停止にしたようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000007-jij-bus_all


FPの 深野 康彦さん がFBで書いてらっしゃいました。

マイナス金利の影響を完璧に整理できていなく恐縮だが、
昨日、償還期間8年までの国債がマイナス金利になったので、
MRF、MMF、公社債投信は運用が継続できるのか?信託報酬を徴収していることを考えると新規募集停止や繰上償還が発生する可能性あり!
保険会社の運用も厳しくなるので、終身保険や学資保険などが販売停止となる可能性があると推測される。保険は解約返戻率が高いうちに駆け込み需要が発生するかもしれない・・・・・

昨年末で、MMF=1兆6428億円、FFF=1兆1075億円、長期公社債投信=9837億円、中期国債ファンド=1924億円の純資産総額がありますので拡がる可能性大。MRFは証券総合口座の中心なので募集停止にはならないでしょうが、運用成績が心配です!


業務関連で大忙しになったり会議している金融機関などがあるのかもしれませんね。
株価や為替の影響とはまた別に。




スポンサーサイト
2016年01月18日 (月) | 編集 |
ゆる概況in山形弁
18日の日経平均株価は3日続落だっけ。
終値は191円54銭安の1万6955円57銭。1万7000円割れ。
今年1勝9敗、初場所負け越しだじゃ。

先週末の米国株がずいぶんと安いっけから、覚悟はしったっけけど、
500円近くさげて9月安値ば割り込んだのは形悪いずね。

米小売売上高とか指標が弱いっけし、米国景気自体が心配になってきたみたいだずね。
今日は人民元小動き、上海株が切り返すとこもあっけのに、日本株は戻りきれねっけ。
今晩のNYが休みだし、なかなか買わんねがな。

ほんでも、安値からは下げ幅縮めて終わた。

トヨタ、ファナックが昨年来安値を更新、ソフトバンクも安いっけ。
金融株、資源関連も下げた。
こだな中、ソニーが逆行高だっけ。
2016年01月17日 (日) | 編集 |
先日の新春講演会のめもです。
舞台裏では、時々打ち合わせがあったり連絡が入ったりするので全部ちゃんと聞いていられたわけではありませんし、
最後のところは私も舞台袖に出てしまうので、
あくまで私が聞いた部分の、
しかも私個人が聞いて書いためもです。
ご本人のお話しを間違ってメモしている場合もあります。
ご了承くださいませ。

堀古さんのお話し
2013年にインタビューされた堀古さん、
ここから円安、125円くらいまではわりとまっすぐ行く。2~3年で。
125円から上は簡単じゃないと思うが、でも円安方向じゃないかと思ってる。
と語ってました~~。 ロイターの映像。

13年当時とあまりドル円の考え方は変わっていない。
米国の利上げはいつかいつかと12月まで引っ張られた。
が、日銀はなんでもやると言っても2%にはならず、
マーケットが飽きてきてる、狼少年ぽくなってる。
利上げはもうあった、期待はしぼんでいく。
「事実で売る」パターン=円高方向。110円くらいか。
その時は全力でドルを買うチャンス。

万年強気と思われていますが、
ホリコキャピタルは2000年に設立で、最初空売りしないと生き残れなかった。
売りはけっこう得意です。
でもまだ1~2年上と思ってます。

では米株が本格的に下落するのはどんな時か。
10%や20%の下げじゃなく、本格下落。リセッション。
リセッションの前には必ず長短金利が逆転。イールドカーブが右下がりになる。
イールドカーブが右下がり、米債30年ものの金利から3カ月物を引いてマイナスになるような時

07年3月に右下がりになった。
その後08年にベアスターンズ、そしてリーマンショック。
1年も間がある。それまでに十分逃げられる。
実態より短期金利が上げ過ぎ、銀行が逆ザヤで弱る、貸出しなくなる・・・
など様々な経路でリセッションに。

今はそのような状況ではない。
金利を上げ始めたので、いつかこういう時は来る。
その時は売るべき。
しかし今はそうではない。
利上げの始めの局面では、株価は上がることが多い。
景気は良いのだから、本格下落にはまだかなり時間ある。

米国では利上げは2回かなというムードになって来ている。
今回は長期金利が2%から2.5くらいまでしか上がらないでしょう。
だから短期金利が2%位に上がってきたら気にしたらいい。

リセッションの時は
バリュー株より成長株がいい。(実はここ数年もそうなってる。ウォール街の七不思議かも)
100年に1度の金融危機で投資家が委縮したためか。
今回ほんと不思議。
景気は良くなってるけど、投資家心理という点ではだめ。
ネガティブなニュースにばかり反応する。
米国の製造業はたしかに悪い。しかし、GDPの12%しかない。
非製造業は良くて、それでリセッションの心配してる。
あと悪いのは石油関連。
でも、これは恩恵受ける人も多い。いや消費者としては全員。

この1年半、25%もドル高になった。
これは企業利益にはマイナスに作用する。
ドル高が止まるだけで、原油安が止まるだけで10%増益になる。
10%株価が上昇してもおかしくない。
これは15年末基準だから、年初から下げた今からだと+16%と考えていい。

利益は特別利益とか何とかあるので、
確かな指標は配当だ。
配当は慎重で控えめで安定している。
S&P500の配当利回りは2.4%と長期金利を上回っている。
しかも配当は増えていく。

*トランプ氏とはいっしょに仕事したことがあるけどいい人です。今の言動はパフォーマンスじゃないかと。

佐々木さん
米国はスローダウン、JPモルガンは下方修正した。
リセッションの確率高まってる。17年50%、18年75%と想定。
FEDは2四半期に1回利上げ、
でもドルはそれほど上がらない。
年末想定は1ドル110円。
米国利上げでのドル買いはすでにやってしまった。終わった。セルザファクトです。

jpモルガンの想定通り米国がリセッション入りするなら
0~13か月前に米株はピークをうつ。警戒している。
FEDの利上げあ米国景気の循環に対して遅い。
今回の利上げは株へのダメージが大きい。

クレジット が今年の金融市場のキーワードになるだろう。
クレジット 社債とか。
エマージング諸国の企業の借入残が大きい。
償還が今年急増。
借り換えできない恐れがある。
エネルギーセクタの社債、20%はデフォルトするとも。
クレジットスプレッドに今年は注意しておくべき。

2012年、円は最弱通過だった。
2013年もほぼ最弱に近かった。
2014年はまあまあ弱い。
2015年ドルがかろうじてプラス、円はドルの次に強い通貨だった。
 ドル円は動いていない、40年ぶりの小さな値幅。だけど他より強い。

トルコリラ、南アフリカランド、ブラジルレアル・・ずっと弱い。
この4年の「リスクオン」の間ずっと。
高金利通貨が買われなくなった。
10年前とは違う。
エマージングはマネーを引き寄せていない。

2年続けて最強通貨というのは90年以降2000年、01年のみ。
それ以上続くものではない。
ドル実効レートは今年上がっている。
人民元 は為替市場は大きくないが、実効レートは貿易ベースなので大きく影響する。
ドル高で米国は利上げしにくくなる。
けん制発言があるかも?
ドル反落しやすくなるかも。

4年で貿易収支は20兆も赤字になった。
(震災で原油輸入量が増えたせいと言うがそうではない、輸入量はそんなに増えていないし天然ガスだし。)
それが急に改善。
WTI原油価格ぶん。
アジアからの輸入はそんなに減らない。工場移転とかしちゃってる。

経常収支はドル円に1年くらいラグがある。
証券投資、対外株式投資、年金、投信(個人や中小金融機関がいっぱい買ってる)
2014年7月から増えた。17か月で17兆円。(これまで17カ月なら9兆が最高)
うち8兆はGPIF。
これが頭重くなってくると売ってくる。今年円高圧力に。
経常収支と金利差のモデルからは1ドル=105円。

竹中さん
1年前に挙げたリスクと全く同じ、①中東地政学、②中国新興国、③米利上げ。一気に顕在化。①②は半年1年で解決するような問題ではない。リスク度は高まっている。

アベノミクス第1ステージはそれなりに、相当の、成果は上げた。
しかし、問題はいっぱい。
それを解決する体制はまだ整っていない。
第2ステージにはまだ。今は1.5ステージ。
この先を占う出来事は、前半に重なっている。
1月24日ぎのわん選挙
2月前半米大統領選挙予備選
3月1日スーパーチューズデー

2016年 日本は国連非常任理事国になった。
G7伊勢志摩サミットの議長国だ。
そしてG20は中国が議長国。

「改革は小事にあらず、しかし小事から始まる」






2016年01月16日 (土) | 編集 |
昨年末からどうも体調が悪い。
12月22日(火)に足を痛めてしばらく駅までタクシー通勤してた。普通に歩けるようになったけれども、今もちょっと痛い。座りっぱなしの時間が長いことが悪いらしい。腰痛とかとつながっているそうだ。
28日(月)にはおなかが突然痛くなって、なんと番組中に聞き手の部分を一時鈴木さんに代わっていただいたほどだ。こんなことは初めて。それくらい痛かった。コーナー明けでしれっと復帰したけれどもその後も不安定な状況だった。翌日が気持ち悪いのの本番で、一日寝てた。
おなかこわしの時は下げるアノマリーがあたっちゃったことになるな。昨年はもうなくなったかと思ったのに。
1月14日(木)には熱が出た。寒気がするなー、熱かなーと思って、うっかり計ったら38度。これ見て余計具合悪くなった。咳もくしゃみも無し。知恵熱?もう少し熱が高かったらインフルエンザを疑ったかも。
そんなこんなで今日はだらっとしてる。
(でも明日は母を連れ出さなきゃいけないかなー)

こんな時に相場のまとめとか書いておけばいいんだよね。
でも何から書いていいかわかんないくらいにいろんなコトがおきちゃったよね。
もう2016年の十大ニュースできちゃったんじゃないの?
いや、でも、新しいことはない。これまでもあった懸念が表に出てきただけだ。
人民元も原油安もテロも。米の利上げだって相当長い時間予習してきたはずだ。
それでもこんなに下げてるってことを考えなくちゃいけない んだろうな。

今年はできるだけゆる概況を書こうと思ってたのに、
たった3日で止まってる。
三日坊主とはよく言ったもんだよね。
櫻井さんによく毎日動画あげてますねって言ったら、絵だからねっておっしゃってた。
昔、ブログなんてそれが仕事になってるんじゃなかったら自分は絶対書けない って方がいた。
私の場合はなにかな。
スマホから書けるともう少し気軽にUPできるのかな。
というわけで、思いついたらまた。
あ、そうそう。
1月のお知らせ景況感指数はけっこう低いです。
今月お知らせを読むために朝から出勤するのは4日間しかないです。
木曜日のザラバ交替の影響もあるかもしれないけれども、
これは少ないなあ。
ちなみに12月は7日、11月は8日、最盛期6月は12日間ありました。
出勤が遅いと満員電車に乗らなくてもすむのはうれしいけどね。

2016年01月06日 (水) | 編集 |
1月6日の日経平均株価は18195円33銭、178円67銭安と3日続落だっけじゃあ。新年に入ってからの3日続落は95年(4日続落)以来なんだど。ちょっとやんだ(嫌だ)な。
 中国が人民元安、株安に対して対策ば取る姿勢ば見せたことで欧米株が落ち着きを見せったっけから、寄りつきは小幅反発したっけ。ただ、1ドル=119円挟みの円高水準で、あっさりマイナスに転じたっけ。中国から人民元の基準値がやや元安で発表されっと急速に円高が進んで株価も急落する場面があったっけ。まだまだ不安定だべ。しかもそのあと北朝鮮で地震、いや人工地震だ、核実験だ・・・と伝わて地合いはさらに悪化。昼休み中には先物が1万8000円割り込む場面もあっけ。後場は北朝鮮から「水爆実験を実施した」と伝わて安値圏に停滞したっけ。
アップルがiPhoneを減産すると伝わり、村田製作所など電子部品関連が売らった。
フィンテック関連などのテーマ株もさすがにこの地合いにはかなわねっけのが、ここのところ急伸しったっけからだが、今日は売られて終わるものも多いっけ。
ないだが急いでる人が居るみだいだな。
2016年01月05日 (火) | 編集 |
ゆる概況 in山形弁

1月5日の日経平均株価は18374.00円、76.98円安と続落だっけ。
きんなの欧米がアジアの流れば止められねくて大幅安で戻って来ったっけことで
朝方から幅広い銘柄に売りが先行したっけ。
為替は一時118円台まで突っ込んだっけけど、119円台には戻しった。
今日も中国株の動きが気になて買いが入らねっけんだべ、10時過ぎに安値ばつけた。
その中国株が安値から戻すと急速に下げ渋た。
サーキットブレイカー制度ば見直すとか、禁止されった上場企業の大株主らによる保有株の売却についても一定の制限ばかけるとか伝わってたっけ。
その後、日経平均は切返すところまであったんだけっど、終盤にまた売りが優勢になてこの日の安値圏で終わったっけじゃ。

KDDIが証券会社の目標株価引き上げで上げたっけけど、そのほか大型はあんまり冴えねっけ。
一方で今日もテーマ性のある小型株はがんばてたっけ。

~~
ところで、ベテラン記者さんが中国株のサーキットブレーカー発動に、
「新しい制度とかって試しに行っちゃうんだよなぁ」とつぶやいてました。
そういうもんですか。
また別のところでは、今回の中国の制度では5%で一時停止、7%下げると終日停止となっていますが、
「これじゃあ去年は20回くらい止まってるよ」と。
それなら手直しした方がいいかもしれませんね。。。
2016年01月04日 (月) | 編集 |
ゆる概況 in山形弁
2016年1月4日(月)大発会の日経平均株価は大幅安だっけ。引けは18450円98銭(-582円73銭)。
年の初めから なして(どうして)こだい下げてんだか、わかんね。
欧米株安、円高で反落で始まったっけ。サウジがイランと国交断絶ていうのも重しだべ。そんで原油がどうなるんだかわがらね。
んだけっど、10時くらいまでは順調に戻しったっけのに、急にまた売らった。
人民元の基準値が4年超ぶり安値だっけとか、
始まった国会で安倍首相が景気に強気でないだかしゃね(知らない)けど追加緩和が遠のいたとか、なんだべか。
その後出た中国PMIは予想ば下回って、中国株は大幅安。今日導入さったサーキッドブレーカーが早速発動さって、その後終日取引停止さった。
まあ、悪いニュースがこだいてんこもりではあったんだっけけど、
んでもなんとなく納得いがねぐらいの大幅安だっけな。
大発会の大幅安ていうと08年ばよく覚えった。縁起悪いべ。
ほだな中、フィンテックとか自動運転とかテーマ株は強いっけし、マザーズは小幅プラスに踏ん張た。
2016年01月02日 (土) | 編集 |
160102.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年はどんな年になるのでしょうか。
マーケットは、フレの大きい年との予想が多いようです。
異例のゼロ金利から米国が一歩抜け出したあと、世界の金融市場にどんな波乱があるのかと身構えている人たちが多いのでしょう。
身構えているのだから大丈夫(ショックは考えてもみなかったところから起こるのだから)といくのか、
やはり波乱があるのか。
予想はできませんが、いろんなことを想定して、その時々に対処できるようになりたいものです。

さて、お知らせです。
1月から一部変更があります。
ザラ場マーケットプレス後場は、月曜日水曜日はそのままですが、木曜日は隔週の担当となります。
偶数週を受け持ちます。奇数週は浜田アナです。
そして木曜日のザ・マネーの奇数週を新たに担当させていただきます。
偶数週はいやがわアナです。
マーケットプレミアム、さまざまなプロの視点を学びたいと思っています。
これまで通り武者さんには月に一度ご出演いただき、その際は和島記者も加わる予定です。
この番組は連動してセミナーや勉強会も開いていく計画です。ご期待ください!(と言うからにはがんばらないとねー(^^))


1月のセミナーなど
1月10日(日)
楽天証券新春セミナーに司会で伺います。(ごめんなさい、受付はすでに終了してました)

西原さんセミナーは第3週になりますのでお間違えなく!
13日(水) 20:00~21:30
http://www.central-tanshifx.com/activate/seminar/

デモクラTV、「月刊エコノミスト」も変則。
第3週18日月曜日から放送になります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。