FC2ブログ
アナウンサー叶内文子の日記です。 ゆる概況や放送のこぼれ話、 おいしかったものなどゆるりと書いてみますので どうぞよろしくお願いいたします♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年07月12日 (金) | 編集 |
NYから この講演のために駆けつけてくださった 堀古英司さん

アベノミクスを外から見てどうですか というご質問が多いのでまずそのお話を。
金融政策。
これまで副作用を気にし過ぎた日銀が変わったのは良いこと。でも「異次元」 ではない。世界標準になっただけ。物価目標からみるとまだまだやらなきゃいけない可能性も。
財政政策。
震災後、消費税の話出てきてびーーくりした。、、今度も消費税は上げそうだが、財政は拡大方向なのでいいでしょう。
成長戦略。
よく大企業が内部留保多過ぎ、設備投資に、まわせという議論があるが、これは会計上間違い。いろいろ払って残りが内部留保だが、機械、土地などもある。過剰資本の方が問題。大企業の過剰資本を株主に返せば、株主がベンチャーなり成長企業なりに投資できる。いま国がやろうとしてるが、そんなもんはマーケットでおこるべき。


投資アイデア4つ。
1. ドル円。
「円高5年円安3年」という。まだ円安1年も経っていない、投資するのにいい時期だと思う。
3年で125円くらいまで行くんじゃないかと思ってる。この間の103円から93円の下落はチャンスだった。
これまでは「円安」だった。本当にドル円が上昇するのは「ドル高」の局面。これからだ。
ドル円は生活のヘッジとしても。(円安でモノがあがったりするので)
これからは、今までと逆で(日中はなにをやっていてもいいけれども)寝る前には円売りポジションにしておく。 

米住宅市場指数 と住宅価格。 住宅価格は今年20%上がると年初から言ってますが、この3ヶ月で4%あがった。住宅市場指数というのが建築関係者への聞き取り調査で、住宅が出来上がるのに6ヶ月とかかかる受注が入ったときにわかるわけで、先行指標、一番早くわかる指標。これを見てればその後の住宅の状況がわかる。カンニングしてるみたいなモンです。
住宅価格が下がってたいへんだったから金融緩和したんだから、これだけ住宅価格が上がってきたら緩和はやめても良い ってことになる。
金利が上がると日本の財政危ない という人がいるけれども、それは名目金利の話。マーケットで本当に大事なのは実質金利。デフレで困るのは名目金利が低くても実質金利が高くなること。期待インフレ率が低いので。 今は黒田 日銀になって変わってきた。 期待インフレがあがってくれば、名目金利の上昇を気にしなくてよい。

投資アイデア2. 米金融株
住宅ローンの延滞率が下がっていく。 銀行の利益圧迫がなくなる。
まだマーケットはこわがっているのでそんなに上がってない。
金融株があがると米経済も安定。
楽天証券のコラムでも書いたように、米株はいったん5月に高値をつけた。
 米株の上昇7~8ヶ月まで。9ヶ月連続上昇はない。5月 だったし。
が、5月22日からSP500で7%ちょっと下げた。たぶん、もう調整は終わり。
時間かかるかもしれないが、年末上方向。



スポンサーサイト
2013年07月10日 (水) | 編集 |
7月7日の東京で 大阪・東京 夏の大セミナーが終了いたしました。

東京会場での澤上さんのお話メモです。
さわかみさん、それはそれは熱のこもったお話でした。いつも以上な気がしました。


日本株は89年まで37年間、年率20%上げた。いくら高度経済成長といっても9%成長。じつは企業の持ち合いが上げ要因。
それが売りに転じ、58%から7%まで低下。もう出きった。

バーナンキさんが緩和を縮小すると言って世界中で驚いた。あったりまえなのに。まず、金融緩和の目的、ハラを考えないと。かぶか、住宅価格を上げて資産効果で米経済を活性化させること。で、株価は上がった。住宅価格もだいぶもどした。これを叩き潰すわけがない。そしたらこれまでやったことが水の泡。どっかの国は92年にやりました^_^;。バラマキすぎだからいつかやめるのは当たり前、だから丁寧に丁寧にやる。大事なのは米経済。やるわけないのに大騒ぎしてる。ヘッジファンドは売りでも買いでもどっちでもいい。ここまで上がってきてどこかでどてんしたかった。
空売りなんてみんな真っ青になってついて来ると思うから安心してできんだよ。そこでどーんと腰の入った買いが入ってたらかつがれてるんだから。

HFは次の段階に入る。準備してるはず。
一方、年金の中長期資金はまったく出遅れてる。この8~10年日本株見限ってる。政治わからんし、デフレだし、、、、 中国とかにシフトしてた。
突如11月から日本株が急に上がって困ってる。グローバルポートフォリオの中である程度持ってないと勝負にならない。ところが、日本株のリサーチチームは解散してるし、もたもた。昔見てたエレクトロニクスはボロボロ、何買ったらいいかわからない。土地勘ない。焦ってる。
たぶん10兆円くらい買ってこないと間に合わないよ。

2つめは、日本でも少し資産効果が出て、消費が動き出し、いずれ業績に上乗せされてくるはず。業績相場へのシフトあろう。
3点めは適当にきいて。
個人の預貯金が、動いてくるんちゃうかなあと。最近セミナーの参加者に若い人増えてる。年金、みんなアテにならんと思ってる。でもまだ対策してない。いいのかよ。だまされたと思ってすこーし買ってみ。
外人は92年から67兆円買い越したんだけど、個人の預貯金の10%でも70兆円。これが入れば大きな影響力じゃないかなあ。
一番正確な統計である世界の人口推計。それが1日16万人増えてる。そしてみんなより豊かを求めている。これからどんだけ食糧や工業材料が必要になるだろう。
構造的 株高、インフレ要因だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。